Movie

地元の食材を商品に!商品開発の打ち合わせに密着。吉田ふるさと村(後編)

食, 食べ物, 地域活性化, 食べること, 地域

商品開発の楽しさと、難しさ。

「得意を活かして働く」「自分らしく働く」そうは思っても、そもそも世の中にどんな仕事があるのか、将来の選択肢を知らないと視野を広げることはできません。

ハタチのトビラでは、様々な社会人の働く姿をジョブシャドウイング(職業体験)として動画にまとめています。密着させていただいたのは、(株)吉田ふるさと村で商品開発の仕事を担当する、板垣あゆみさん。

後編の今回は、顧客との打ち合わせに密着です。

「商品開発の魅力は?」「仕事で大切にしていることは?」

働く現場に触れ、自分のこれからについて考えてみましょう。

 

動画視聴のポイント 

  • 「顧客が商品開発を依頼した背景は?」
  • 「仕事のやりがいや楽しさは?」
  • 「商品開発に関わる人たちって?」

他にも、「打ち合わせはどんな雰囲気?」「仕事で大切なことは?」など、リアルなお話は必見です!

 

顧客との打ち合わせに密着。(0:17~)

午後は、顧客との打ち合わせに密着。現在開発中のにんじんゼリーの商品最終化に向け、打ち合わせを重ねています。

「顧客が商品開発を依頼した理由は?」「打ち合わせは何度行う?」

緊張感がありつつも、話しやすい雰囲気づくりには注目です。

 

商品開発のやりがい(1:43~)

素材の良さと加工の方法、顧客目線と消費者目線など、さまざまな観点からすり合わせを行わなければならない商品開発。

「商品開発の楽しさと難しさは?」「どんな人たちが関わっている?」

テロップにも注目して話を聞いてみましょう。

 

1日の振り返り(4:35~)

商品開発MTGの潜入を終え、板垣さんと1日の振り返り。

実際にあたたかい職場を体験し、学生も手応えを感じたようです。

「板垣さんが仕事で大切にしていることは?」

板垣さんの想いに耳を傾けてみましょう。

 

ハタチのトビラ編集部より

家族のようなあたたかさに包まれていた、吉田ふるさと村。

公務員や一般企業、NPOといったポピュラーな仕事とは一味違い、第3セクターとして地域に密着した会社ならではの良さがありましたね。

世の中には、思ったよりもたくさんの会社や仕事があります。

将来の選択肢を知ることは、自分の可能性を広げること。これからも、ハタチのトビラの動画や様々な情報ツールを活用して、社会理解を深めていってください。