Movie

建築好き必見!オフィス空間の未来はどうなる?建築意匠設計の社員に密着 コクヨ(後編)

空間, アート, 文房具, デザイン, 建築

暮らしを支える、建築の可能性。

「得意を活かして働く」「自分らしく働く」そうは思っても、そもそも世の中にどんな仕事があるのか、将来の選択肢を知らないと視野を広げることはできません。

ハタチのトビラでは、様々な社会人の働く姿をジョブシャドウイング(職業体験)として動画にまとめています。

密着させていただいたのは、コクヨ株式会社でデザイナーとして働く、青木耕治さん。後編の今回は、顧客商談の現場に密着しました。前編はこちら中編はこちら

「オフィス空間の未来は?」「建築の可能性は?」

働く現場に触れ、自分のこれからについて考えてみましょう。

 

動画視聴のポイント 

  • 「顧客商談ってどんな感じ?」
  • 「どんな想いで設計している?」
  • 「未来のオフィスに必要とされることは?」

他にも、「施設改修の注意点は?」「青木さんの理想の建築とは?」など、建築好きは必見です。

 

商談に密着(0:13~)

富士フイルムデザインセンター「CLAY」での商談に臨む青木さん。実は、この場所も青木さんの設計によって作られています。

「商談で話し合われていることは?」「改修にあたって気をつけることは?」

働く人のやる気を生み出す空間づくりを覗いてみましょう。

 

コクヨのオフィスを探検(2:16~)

コクヨのオフィスは、1フロアで各部門や個々が見渡せる仕組みになっています。

青木さんは、「人とリアルに会い、対話するという体験を超えるもの」はまだないと教えてくれました。

「オフィスを縦割りの設計にした理由は?」「日本のオフィスの未来は?」

空間とコミュニケーションのつながりについて、話を聞いてみましょう。

 

設計に込めた想いって?(3:20~)

青木さんが設計した施設「DIVERARY」を見学。DIVE=没頭する + LIVERARY=図書館 というのが名前の由来です。

「設計に至った背景は?」「どんな想いを込めて作られた?」

青木さんの建築に対する強い想いに注目です!

 

1日の振り返り(4:02~)

個人タスクに密着したあとは、青木さんと1日の振り返り。建築意匠設計で実際に働く姿を見て、学生も手応えを感じたようです。

「青木さんが目指すデザイナーの姿は?」

建築の可能性について、耳を傾けてみましょう。

 

ハタチのトビラ編集部より

リモートワークが増えている近年。一方で、対面の必要性も再認識されてきています。

だからこそ、大切な時間を過ごす空間は居心地いいものであってほしい。そんなデザイナーたちの想いが、未来の働き方を形作っていくのかもしれませんね。