Movie

スポーツ×ビジネスを掲げる、元フットサル日本代表のセカンドキャリアとは? LA DOCE(前編)

サッカー, 運動, スポーツ, 経営, スポーツビジネス, 理想の自分

好きなサッカーを仕事にするには?

「得意を活かして働く」「自分らしく働く」そうは思っても、そもそも世の中にどんな仕事があるのか、将来の選択肢を知らないと視野を広げることはできません。

ハタチのトビラでは、様々な社会人の働く姿をジョブシャドウイング(職業体験)として動画にまとめています。密着させていただいたのは、(株) LA DOCE 代表取締役を務める、片山堅仁さん。

前編の今回は、「スポーツ×ビジネス」を掲げる事業とは何か、学生がお話を伺いました。

「(株) LA DOCE の事業は?」「セカンドキャリアへの想いは?」

働く現場に触れ、自分のこれからについて考えてみましょう。

 

動画視聴のポイント 

  • 「起業しようと思ったきっかけは?」
  • 「(株) LA DOCE って何してるの?」
  • 「アスリートのセカンドキャリアって?」

といったポイントを意識しながら、プレゼンを視聴してみましょう!

 

LA DOCEの原点(0:46~)

もともとは、バスケットボール少年だったという片山さん。

小学校4年生のとき、初めてサッカーコートに立ちました。

「サッカーにのめり込んでいったきっかけは?」「今の事業に繋がる原体験は?」

アスリートならではのお話は必見です!

 

次世代のアスリートが、チャンスを掴むために(1:54~)

自身のような海外の経験を、他のサッカー少年たちにも体験してほしいと感じた片山さん。アスリートとしてのキャリアを終えた後、現在の会社を起業しました。

「(株) LA DOCE が掲げる6つの事業って?」「子どもたちにチャンスを提供するには?」

テロップにも注目して話を聞いてみましょう。

 

セカンドキャリアへの想い(3:21~)

現役時代、「あったらよかったな」「あってよかったな」を何度も体験した片山さん。

その経験は次世代のアスリートの悩みを理解する大きな足がかりになります。

「片山さんがアスリートを引退した理由は?」「セカンドキャリアのカタチって?」

熱い想いに耳を傾けてみましょう。

 

ハタチのトビラ編集部より

スポーツに打ち込む若者の中で、実際にプロとして成功できるのはごく一部。多くの選手たちは新しい道へ進みます。

アスリートには、アスリートにしかわからない悩みがある。片山さんは、そんな選手たちの悩みに寄り添っています。

皆さんも、今までの経験の中で色々悩んだこともあるのではないでしょうか?その「悩んだ経験」は、次世代にとっての貴重なアドバイスになります。そんな過去の経験から、将来のキャリアを考えてみるのもアリかもしれないですね。