Movie

人生を変える瞬間に立ち会う!エイベックス新人発掘担当が語る、仕事のやりがい エイベックス_12-3

音楽, ダンス, アーティスト, エンタメ, 音楽好き

ゼロからイチになる瞬間。

「得意を活かして働く」「自分らしく働く」そうは思っても、そもそも世の中にどんな仕事があるのか、将来の選択肢を知らないと視野を広げることはできません。

ハタチのトビラでは、様々な社会人の働く姿をジョブシャドウイング(職業体験)として動画にまとめています。密着させていただいたのは、エイベックス・マネジメント(株)で新人育成を担当する三上雄亮さん。

後編の今回は、ダンス部門の審査から結果発表までに密着。前編はこちら中編はこちら

「夢を掴む子どもを増やすには?」「仕事のやりがいって?」

働く現場に触れ、自分のこれからについて考えてみましょう。

 

動画視聴のポイント 

  • 「最終審査に進む参加者の選び方は?」
  • 「審査終了後、子どもにかける言葉は?」
  • 「新人発掘の仕事の魅力って?」

どのようにしてゼロからイチを生み出しているのか、意識して話を聞いてみましょう!

 

ダンス部門の審査に密着!(0:17~)

全体で最後となる、ダンス部門の審査。

参加者の熱意に応えるように、審査にも力が入ります。

「最終審査に進む参加者を決めるには?」

雰囲気にも注目して様子を覗いてみましょう。

 

2次審査結果発表(1:30~)

現役アーティストのパフォーマンスを見たあと、いよいよ2次審査のファイナリストが発表。

何回もチャレンジを重ねる参加者も多く、強い想いが溢れます。

「結果発表の雰囲気は?」「審査終了後参加者にかける言葉は?」

1人でも多くの子どもが夢を掴むことのできるよう、声かけは忘れません。

 

仕事のやりがいって?(3:53~)

密着を終え、三上さんと一日の振り返り。

実際にエンタメを作り上げる裏側に潜入し、内定者も手応えを感じたようです。

「仕事の1番のやりがいは?」「三上さんの“Really?Mad+Pure”の捉え方は?」

夢に向かって頑張っている誰かを応援する。“何かが生まれた瞬間”こそが1番の宝物なのかもしれませんね。

 

ハタチのトビラ編集部より

誰かの挑戦を応援したことはありますか?

家族でも友達でも、あるいは知らない誰かでもいい。チャレンジしようとしている人を後押しする言葉って、自分へのメッセージにも繋がってきます。

成長していく姿を見ているうちに、自分もやってみなきゃ!と刺激を受けて、自分自身ももう一歩先へと進んでいけるはずです。